音運判断
名前の響きから性格を判断をしてみましょう。名前の入力はひらがなのみです。

音運判断
みょうじ
なまえ

音運判断について
ある名前を聞いたとき、なんとなくその人の性格をイメージできませんか?
イメージした性格とその人の性格ってなぜか合致するところが多いですよね。
その人の性格は名前の音による影響を受けてるのでしょうか?
やさしい音の名前はやさしい性格に、明るい音の名前は明るい性格に。
名は体を表すといいます。
名前というのは、親が「こんな子になって欲しい」という願いを込めて付けるものなので、
名前と教育方針に共通点があるからなのかもしれませんね。
とにかく、名前というのはなんとなくその人の性格を表すものなのです。
ここでは、音から受けるイメージで性格を判断してみたいと思います。

★音運判断の説明
調和名・不調和名
 名前の音には調和というものがあります。
 名前の各音の母音だけを抽出し、隣り合った音が調和か不調和かを判断します。
 
×××
×××
×××
×××
×××
 上表のように音が2つか3つ離れているときが調和で、
 調和の数が不調和の数と同じか多いとき、調和名
 調和の数が不調和の数より少ないとき、不調和名となります。
 例えば、「あきな(××)不調和名」「あきこ(×○)調和名」といった感じです。

 不調和名は、主音の性格を消極的にし、悪い面を増長する傾向があります。
 ただし、女性で「あかさたな」等あ行で始まる名前の場合、
 強すぎる性格を抑え、家庭的な性格になります。

主音
 名前の最初の音で、その人の性格が大きく分類されます。
 同じ音で始まる名前の人になんとなく共通点を感じませんか?

次音・助音
 主音の性格にプラスされる性格です。
 次音は2番目の音、助音は基本的に名前の最後の音ですが、
 4文字名以上で、最後が「う」「い」の場合、その前の音になります。

頭音
 姓と名の最初の音を「あいうえお」の5行に分類して組み合わせたものです。

秘数
 姓と名をローマ字に変換し法則にしたがって数値化したものです。

濁音
 濁音の入った名前は個性が強調されます。




サイトTOPへ Copyright ©2001 tatuta.