名付けの決まり事
★名前に使える漢字
・常用漢字2136字
・人名用漢字983字
・ひらがな、カタカナ
・漢数字は○。算用数字、ローマ数字、アルファベットは×。
・読みは自由。どのように読ませてもOK。
・基本的に新字体。旧字体は一部OK。
名前にはすべての漢字が使えるわけではありません。
常用漢字2136字と人名用漢字983字が名前に使える漢字です。
旧字体の使用が認められてる漢字は205字、他は新字体しか使えません。
繰り返し記号「々ゝゞ」は使えます。「ゐゑをヰヱヲ」も使えます。
漢数字は使えますが、算用数字、ローマ数字、アルファベットは使えません。
つまり、一二三はOK。123、ABC、IIとかはNGです。
これ以外の漢字は役所に提出しても受け付けてもらえません。
使える漢字一覧はこちら


★出生届の出し方
・いつまで?
 提出期限は生まれた当日を含め14日以内
これは法律で定まった義務です。提出期限までに届出をしないと、
正当な理由がない場合、3万円以下の過料が科せられます。
14日目が日曜祝祭日の場合、休み明けの日までが提出期限となります。
これから始まる赤ちゃんの人生が、いきなり遅刻で始まるなんてことないように。

・どこに?
 本籍地の市区町村役所、住民登録している市区町村役所、赤ちゃんの出生場所の市区町村役所、
 基本的にこの3ヵ所のどこかに提出します。

・誰が?
 赤ちゃんの父または母が届け出義務者ですが、役所への提出は代理人でも可能。

・必要なものは?
1.出生届1通(役所の戸籍係や産科の病院、産院に置いてあります。)
  出生証明書1通(出生届と出生証明書で1枚の用紙になっています。
  こちらは医師または助産婦が記入。)
2.届け出義務者の印鑑(出生届に捺印したもの)
3.母子健康手帳
4.国民健康保険証

・嫡出子って何?
 正式に婚姻の手続きをした夫婦の間に生まれた子のこと。
 出生届に記入欄があるのですが、普通はこっちにチェックします。
嫡出でない子とは、婚姻届を出してない夫婦の間に生まれた子のことです。
婚姻届を出してない夫婦でも、出生届と同時に婚姻届を提出すれば嫡出子として扱われます。

・改名したい
 一度戸籍に記された名前は簡単には変えられません。
改名は家庭裁判所に申し立てをし審議を受けるのですが、
画数が悪いとか気に入らないとかいう理由では受理されません。
命名は慎重に。




サイトTOPへ Copyright ©2001 tatuta.